細胞活性ストレッチ理論は、全身の筋肉に細胞学的に最適な刺激を与えて身体機能を回復するという日本発の世界的にも新しい考え方です

細胞活性ストレッチ理論の【特徴】

負荷の上限を規定

従来のように体に負荷を与える辛いトレーニングでは
なく、細胞学的に最適な負荷を設定。

全身の筋肉を覚醒

理論的に開発した独自の動きで600以上ある全身の
筋肉に刺激を与え、使われていないために収縮した筋肉を
覚醒させ、疲弊した筋肉は本来の状態に戻す。

脳と全身の筋肉間の神経連携を強化

筋肉の連携の強化に加え、脳と筋肉の間の神経回路を
強化して脳が使えるようにします。

細胞活性ストレッチ理論【独自の効果】

使っていなかった筋肉を活性化してパワーアップします。
例としては、使えていない筋肉30%が使えるようになると
30%パワーアップするという考え方です。

血流、リンパの流れを向上させ疲労回復&自然治癒効果をアップさせます。
(従来治らなかった古傷、手術でも治らない腰痛が完治した事例が多数あります)

ケガや筋肉痛のリスクなしで身体能力がアップします。
厳しいトレーニングを行なってもケガはしなくなります。

細胞活性ストレッチ理論【通常の運動との違い】

がんばらなくていい。
短時間で効果を出せる。
筋肉痛にならない。
体重制限、年齢制限がなく、虚弱体質の人や高血圧、糖尿病の方もできる。
しなやかで、強靭な筋肉になる。

細胞活性ストレッチ理論は、このように性別年齢、身体的特徴を問わず
「効果」を感じていただける運動理論であると自負しております。

現在も様々な可能性を研究、検証を続けています。